プレイステーションのスペクトル超解像度(PSSR) 4K 120FPSおよび8K 60FPSを目指しています。

PS5 2023ブラックフライデー、プレイステーションPSSR

プレイステーションの新しいスペクトルスーパーリゾリューション(PSSR)は、まず最初にプレイステーション 5 プロに統合される予定で、内部的には4K 120 FPSと8K 60FPSのコンソールゲームを目指していることがインサイダー ゲームが発見しました。

今週のPS5プロのリークに続いてこのニュースが出てきました。そのリークでは、プレイステーション5プロ(コードネームトリニティ)がPSSRを採用してより高い解像度にアップスケールすることが明らかにされました。現在、PSSRはプレイステーション5プロのSKD9.00で動作し、4K解像度を実現しています。

インサイダー ゲームは、今後のプレイステーション5プロに関するさらなる仕様も明らかに

しました。詳細はこちらで読むことができます。

公開されない条件のもとでインサイダー ゲームに提供された文書には、PSSRに関する

プレイステーションの野望が記載されており、4K 120FPSと8K 60FPSを実現する

ことが目標です。これらはハードウェアの制限によりPS5プロのターゲットではありませんが、将来のコンソールのイテレーションでPSSRの内部目標となります。プレイステーション 5プロのPSSRは現在、3840×2160をサポートしており、4K 60FPSと8K 30FPSを目指

していますが、これらの内部的なマイルストーンが達成できるかどうかは不明です。

PSSRのメモリ要件はおおよそ250MBです。そのうちPSMLライブラリから180MB、ゲームから64MBです。

未命名のファーストパーティゲームに関する2つのケーススタディ:

ゲーム 1

ターゲット  –忠実度モード(1800p)に近い画質を維持しつつ、パフォーマンスモードのFPS(60FPS)に近づけます。

標準のプレイステーション 5–

  • パフォーマンスモード – 1080pで60FPS
  • 忠実度モード- 1800pで30FPS

プレイステーション 5プロ–

  • 1440pで60FPS(PSSRを使用)

ゲーム 2

ターゲット – ゲームプレイにレイ トレーシングを追加する

標準のプレイステーション5は、レイトレーシングなしで60FPSを達成し、プレイステーション 5プロはレイトレーシングを使用して60FPSを達成しました。


メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です