Ubisoftの新作『Assassin’s Creed Shadows』声優コンテストが搾取的だと批判

Ubisoftは6月18日に発表したTikTok向けコンテスト「アサシン クリード シャドウズ ダビングチャレンジ」で論争に直面しています。このコンテストの受賞者は、著名なダニー・ウォレス(ショーン・ヘイスティングス役)を含む経験豊富なプロの声優陣が率いるレコーディングセッションに参加し、声優の世界をより深く体験できるまたとない機会が与えられます。

参加者は、発売が待望される「アサシン クリード シャドウズ」に登場する脇役NPCに自分の声を吹き込むこともでき、その吹き替えはゲームに実際に使用されます。

コンテスト参加者は、7つの言語オプションの中から自分の希望する言語で、アサシン クリードまたはUbisoftのTikTokアカウントをフォローする必要があります。その後、今週これらのアカウントに順次追加されるアサシン クリードのカットシーンの中から1つを選びます。そして、「デュエット機能」を使用して台詞を読み上げ、自分の声を録音します。録音が完了したら、「#AssassinsCreedDubbingChallenge」を付けてTikTokアカウントに動画を投稿してください。チームが各言語で最高の演技者を選びます。

Ubisoftのコンテストで見事優勝すると、「アサシン クリード」チームがあなたをロンドンに招待し、「アサシン クリード シャドウズ」の脇役NPCに声を吹き込んでもらいます。さらに、プロのコーチの指導の下、専門的なボイストレーニングを受け、個別のレコーディングセッションに参加できます。アサシン クリードのプレイヤーにとっては夢のような機会に見えるかもしれませんが、業界の専門家は、このコンテストを搾取的であるとして批判しています。

Destructoidが報じたように、「アサシン クリード ヴァルハラ」のルーファス・ライト、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」のジェニファー・ケイトリン・ロバーツ、ジャック・サプスフォードといったベテラン声優たちはこのチャレンジに懸念を表明しています。プロとして報酬を受け、「アサシン クリード ヴァルハラ」の声優として数え切れないほどの時間を費やしてきたライトは、「ファンに無料で働かせるのは、特にこれらのゲームが数十億ドルの収益を上げていることを考えると、本当にまずいことだ」と述べています。

サプスフォードもこれに同調し、キャラクターの台詞を吹き込むことは「競争ではなく仕事と見なされるべきだ」と述べています。彼はまた、コンテスト参加者は自分の仕事に対して1時間あたり250ドルを請求することを忘れないようにとアドバイスしています。一方、ケイトリン・ロバーツは別の重要な問題を提起し、ファンから提出された音声データがAIのトレーニングに使用されないという「確認」をUbisoftに求めており、このコンテストの倫理的な問題を浮き彫りにしています。

「アサシン クリード シャドウズ」については、Insider Gamingの最近のレポートで、ゲームのコレクターズエディションの内容や、Ubisoft Forward 2024でのゲームプレイの詳細について確認してください。

Ubisoftの新しい「アサシン クリード シャドウズ」コンテストは、搾取でしょうか、それともファンにとって純粋なチャンスでしょうか?コメント欄であなたの意見を聞かせてください。


その他Insider Gamingについては、独占番組、ニュース、インタビュー、レビューなどをお届けするYouTubeチャンネルをご登録ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です