スターフィールド有料MODに関するフィードバックをベセスダが認識

ベセスダ・ゲーム・スタジオは、『スターフィールド』に関して再び批判の的となっています。最近開始された『スターフィールド』のMODプラットフォーム「クリエイション」では、多数の有料MODが登場し、一部コンテンツは「スターフィールド・クリエイション・クレジット」を必要とするペイウォールの向こう側に置かれることになりました。

特に問題になっているMODは、「The Vulture」と呼ばれるトラッカー・アライアンスのミッションで、700クリエイション・クレジット(約7ドル)の有料版になっています。これはミッションシリーズの第2弾ですが、最も懸念されるのは、第1弾が無料だったことです。しかし、最近のインタビューでベセスダのトッド・ハワード氏は、同社がフィードバックを認識していることと、今後の同様のコンテンツ配信方法を調整する準備を進めていることを明らかにしました。


より良い対応を

約10年前、ベセスダ・ゲームスタジオはスカイリムのMODの一部を有料版にしようとしていましたが、それは見事に失敗に終わりました。トニー・スタークとは違い、ベセスダは間違いから学ぶことができていないようで、歴史は繰り返されようとしています。ユーチューバーのMrMattyPlaysとの最近のインタビューで、トッド・ハワードはベセスダ・ゲームスタジオが「そのフィードバックを聞いている」とし、「それを考慮し、今後もどういった形でコンテンツを提供していくか検討する」と明らかにしました。

これらの有料MODの追加により、数百名のユーザーがSteamに押し寄せ、スターフィールドをレビュー爆撃し、この論争が展開するにつれて評価は急落しました。ハワード氏はインタビューで価格帯を擁護し、それにはかなりの量のコンテンツが含まれていることを強調しましたが、ユーザーらは依然として(当然のことながら)この決定に腹を立てています。

ハワード氏は次のように語っています。

何を無料にして、何にいくら課金するか、何に何が含まれているのかを明確に伝えるなど、価格設定やコンテンツの配信方法の両方を評価し、コミュニティからの声に耳を傾ける必要があります

他のニュースでは、スターフィールドのファンは、最近のXboxゲームショーケースで「Shattered Space」が新しい予告編とともに公開されたものの、依然としてリリース日は発表されずに失望しています。これはスターフィールドにとって待望の最初の大規模拡張版ですが、2023年9月にゲームがリリースされるずっと前に公開されたにもかかわらず、依然として発売日は決まっていません。


その他Insider Gamingについては、Life By Youキャンセルのニュースをご覧いただき、YouTubeチャンネルをご登録ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です