フロムソフトウェア代表取締役社長、ブラッドボーンのPC移植を望む

最近のインタビューによると、宮崎英高はBloodborne PC版の移植に「反対していない」とのことです。FromSoftwareのボスが語った内容は以下の通りです。

FromSoftwareのボスである宮崎英高は、PCGamerとのインタビューの中で、熱望されるBloodborneのPC移植についてついに言及しました。FromSoftwareはタイトルの知的財産を所有していないため、「Bloodborneについて具体的に話すのは」自分の役割ではないと宮崎は明言する前に説明しています。所有権は、ゲームの発行元であるソニー・インタラクティブエンタテインメントにあります。PC移植に関する決定は、最終的にソニーが行うことになります。しかし、宮崎はFromSoftwareのチームは全員がPC移植を望んでいると付け加えています。

宮崎は、「Bloodborneのクリエイターの1人」として、「もっと多くのプレイヤーに楽しんでもらいたい」と当然思っていると説明を付け加えています。宮崎はさらに、Bloodborneは今では「円熟したゲーム」であり、過去に作られたこのようなタイトルは、古いハードウェアのために忘れられてしまう可能性があると語っています。「過去の名作を体験して蘇らせる機会になる」として、BloodborneのPC移植に「反対ではない」と彼は付け加えています。宮崎がBloodborneのPC移植にオープンであることは確かにワクワクしますが、実際にタイトルのPC移植版を受け取れるかどうかは、ソニーの発表を待つ必要があります。

一方で、ゲームニュースソースのジェフ・グラブは、別の見解を示しています。グラブによると、FromSoftwareが関与するBloodborneのPC移植は「今のところ実現しない」とのことです。彼は、FromSoftwareの時間はあまりにも貴重であり、ソニーは移植を確保するために「プレミアムを支払う」気がない可能性があると示唆しています。グラブは、開発者が「1つのコンソール独占」に取り組むことは今後おそらくないと結論付けています。

BloodborneのPC移植版は手に入るのでしょうか?コメント欄でお知らせください。


その他、ゲーム業界の最新情報については、Xbox6月の最新アップデートをお読みいただき、Insider Gamingニュースレターにご登録ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です