「ホグワーツ・レガシー」ディレクターズカット版が開発中との報道

ブルームバーグのジェイソン・シュライアーによるロックスteady製の Suicide Squad: Kill the Justice League の開発に関する新しいレポートによると、ワーナー・ブラザーズは新たにホグワーツ・レガシー ディレクターズカットを制作していることが明らかになりました。

ブルームバーグのレポートでは、シュライアーは Suicide Squad の多くの欠点を詳しく述べていますが(ぜひこちらでご覧ください)、レポートの最後の方では、ワーナー・ブラザーズが現在ホグワーツ・レガシーのディレクターズカットに取り組んでいると伝えられています。

アバランチ・ソフトウェアによって開発されたこのゲームは 2023 年に最も成功したゲームとなり、2300 万本以上を売り上げました。発売から 2 週間で 1200 万本を売り上げ、世界中で 8 億 5000 万ドル以上の収益を上げました。ワーナー・ブラザーズは Suicide Squad: Kill the Justice League の開発で 2 億ドル以上の損失を出したことを考えると、成功したリリースをさらに利用するのは理にかなっています。ロックスteady の大部分はディレクターズカットに取り組んでいると言われています。

本日、ホグワーツ・レガシーはすべてのプラットフォームで大きなアップデートも行われます。アップデートは WB Games によって宣伝されており、ユーザーはフォトモードで撮影したスクリーンショットをハッシュタグ #CaptureTheUnwritten で共有するように促しています。

ディレクターズカットに何が含まれるのか、いつリリースされるのかは完全には明らかではありません。しかし、ブルームバーグの情報筋はその存在を明らかにしたため、遅かれ早かれ発表される可能性があります。

ハリー・ポッター: ホグワーツ・レガシー ディレクターズカットについてどう思いますか? 下のコメント欄でお知らせください。


その他、Insider Gamingの最新情報については、100万ドルで落札されたCounter-Strikeのスキンについての記事をお読みいただき、公式ニュースレターにご登録ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です