マイクロソフトのXBOX削減はまだ終わっていないと報道

ここ最近、Xbox 傘下にある 4 つのスタジオ、Tango Gameworks、Arkane Austin、Alpha Dog Studios、Roundhouse Games が突然閉鎖され、ゲーム業界は揺れました。この動きはほとんど予想されていなかったため衝撃的でしたが、最近の報道によると、さらなる人員削減が水面下で進められているようです。


まだ終わらないリストラ

Bloomberg が報じた内容によると、情報筋は Xbox が Zenimax の従業員に対して「自主退職合意金」を提供し、契約を買い取って退職を促しているとしています。報道では、プロデューサーや QA テスターが対象になっていると指摘されています。さらに、Bloomberg の Xbox 情報筋は「さらなる人員削減が計画されている」ことも明らかにしています。

これらのスタジオが閉鎖された理由はまだ正式に確認されていませんが、説明としてリストラが最有力視されています。ある主張によると、Tango Gameworks と Arkane Austin の閉鎖の主な要因は、両スタジオが拡張を目指して新規プロジェクトを提案していたことにあるのではないか、という見方もあります。

マイクロソフトは過去 1 年半にわたってゲーム業界のレイオフや混乱に大きく貢献してきましたが、この大手テック企業はまだ人員削減を終えていないようです。


その他Insider Gamingの記事については、最新の記事をご確認ください:

・2024年6月に Nintendo Switch から X 機能が消滅

・次期 ROG Ally が本日ティザー公開

・デッドアイランド2:開発終了せず! 700万プレイヤー達成でさらなるアップデートを約束

・マイクロソフト、Xbox の人員削減継続か – 報道でさらなるリストラ示唆

・新作「パーフェクトダーク」は「かなり未完成」との情報

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です