「低需要によりApple Vision Pro出荷量削減」との報道

Appleアナリストのミン・チー・クオ氏による最近の報告 (IGN経由で入手)によると、Appleは2024年のApple Vision Proの出荷台数を削減する見込みであることが示唆されました。

今回の動きにより、出荷台数は当初市場アナリストが予想していた800,000台から、約450,000台に減少する見通しです。

Apple Vision Proは今年2月に発売されたばかりですが、早くも賛否両論のレビューが寄せられています。200タイトル以上のApple Arcade作品やコントローラーサポートが搭載されたものの、このデバイスはゲーミングよりもコンピュータ領域における革新を優先しているように見えます。

Apple CEOのティム・クック氏は、Apple Vision Proが「空間コンピューティング」の新たな時代を切り拓くと述べていましたが、出荷台数の削減は楽観視できない状況を示唆しています。

なお、昨年3月の報告によると、ソニーもPSVR2ヘッドセットの生産を一時停止しており、販売低迷が原因とされています。易家真氏の報告では、「VR ハードウェアの高価格が普及の主要な障壁となっている」と説明されています。

Apple Vision Proの発売価格は3,499ドル (米国) と非常に高額であり、従来のゲーミング向けヘッドセットとは全く異なる市場をターゲットとしています。そのため、Appleが出荷台数を削減したとしても、必ずしも機能自体が不十分であるとは限りません。

今年2月には、主要Xbox関連ポッドキャストで、Microsoftの今後のハードウェア計画についてファンに向けてアップデートがありました。Xbox プレジデントのサラ・ボンド氏は、「ホリデーシーズンに向けて発表する予定のワクワクなハードウェアがいくつかあります」と述べています。

Xbox ヘッドセットについては言及されていませんでしたが、まだ可能性が完全に排除されたわけではありません。最近の報道によると、Microsoftはネイティブの Xbox 向けハンドヘルド デバイスのプロトタイプを開発しているという話もあります。

現時点において、AppleはApple Vision Proの出荷台数削減報道に関して公式なコメントを出していません。


その他Insider Gamingの最新ニュースについては、PUBG: バトルグラウンズの Erangel Classic マップが5月下旬に復活するという記事をご確認ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です